妊娠初期

♪妊娠中のトラブルと薬♪

妊娠初期



妊娠初期の心得♪


妊娠初期の心得♪ 妊娠初期の心得♪ 妊娠初期の心得♪ 妊娠初期の心得♪
妊娠初期の心得♪
妊娠中のトラブルと薬

妊娠中は特に薬や刺激物は避けたいところ。 でも、病気になっちゃったらそんなことは言ってられませんよ!

正しい処方でリスクの少ない回避方法を行ってくださいね!

症状 一般薬名 目的と効果 注意点 その他
お腹の張り 子宮収縮抑制剤 お腹の張りを抑える目的
・切迫流産
・切迫早産
妊娠16週まではズファジラン、それ以降はウテメリンがよく使用されます。
薬を飲んでも安静に。
顔が赤くなったり、動悸がすることも。
糖尿病、高血圧、甲状腺機能亢進症の人は要注意!
性感染症 抗生剤 細菌をやっつける薬
・膀胱炎
・性感染症
ペニシリン系は安全性も高く処方されやすいみたいです。セフェム系も良く使われます。
抗生剤は一定期間、血中濃度を保つ事で効果が現れます。 症状が治まったからといって、勝手に服用を辞めてしまうと再発の恐れがあります。

胃が荒れたり、下痢を起こしたり…。
薬の種類によっては胎児に影響が現れる事も…
出血 止血剤 出血を止める薬
・切迫流産
・切迫早産
・原因不明の出血など
食欲不振や吐き気の症状が…。 アレルギー症状が出る人も。
尿が赤っぽくなりますがこれは異常じゃありませんよ!
血栓症を持つ人は駄目です。
妊娠中毒症 降圧剤 血圧を下げる薬
・血液の循環が悪くなった場合
自己判断はせず、医師の管理下での服用を…。
薬を飲んだ後の動作はゆっくりと…。
妊娠中毒症の治療は安静と食事療法が基本です。
膣炎 抗菌剤(外用薬) 細菌やウイルスをやっつける薬
・カンジタ膣炎
・トリコモナス膣炎
・クラミジア膣炎
・性器ヘルペス
それぞれの病気に合った薬を使います。
性感染症は、夫も感染している可能性が高いですよ! 夫婦で一緒に治すことが大切です。 外陰部のかゆみ、おりものの異常があれば医師に相談!
貧血 鉄剤 血液中の鉄濃度を高める目的
・鉄欠乏性貧血
服用後の濃い緑茶、紅茶はNGです。 吐き気、下痢、便秘などの症状も…。 食事療法と一緒に鉄分を補うと貧血が早く改善されます。
発熱、くしゃみ、喉、せき 総合感昌薬 風邪の様々な症状を和らげる薬 ・くしゃみ ・発熱 ・喉の痛みなど 産婦人科の先生に相談を…。 自己判断で市販薬などの服用は避けてくださいね!
せき せき止め せきを止める薬です。 ・せき中枢に働きをかける鎮咳薬 ・たんをきりやすくする去痰薬 せきが流産・早産の直接の原因になることはありません。 酷いせきが続くと、体力を消耗したりお腹が張ったりします。 せき止めを飲んでも、せきがおさまらないときは医師に相談してくださいね!
発熱、頭痛、のどの痛み 解熱鎮痛剤 風邪の症状を和らげる薬です。
・発熱
・頭痛
・のどの痛み
妊娠中の発熱等に伴う処置は、必ず医師の相談を受けましょう! 胃がムカムカする人もいます。
便秘 便秘薬 腸の蠕動運動を促す薬
便を柔らかくする薬
浣腸は妊娠中の使用は避けてくださいね! 便秘薬は多量に使用すると腹痛や下痢になります。
下痢 整腸剤・下痢止め 腸内の細菌バランスを整える薬
下痢で腸が活発すぎると、妊娠経過への影響が心配されます。 妊娠中の下痢で一番心配なのは脱水症状です。
痔核・脱肛 痔の薬 肛門周辺の痛みと炎症を和らげる薬
座薬はステロイド入りで、胎児への影響も心配無いです。
妊娠中は大きくなった子宮に押されて裂肛や脱肛になり易い時期です。 症状を医師にきちんと伝えて、適切な処方薬を…。
胸焼け、ゲップ 胃腸薬 胃の炎症をを抑える薬
胃の粘膜の分泌等を抑え、環境(pH)を調整して炎症を和らげます。
妊娠の可能性があるときは医師の診断を…。 つわりの症状や子宮に胃が圧迫されて胸焼けすることも…。

妊娠初期の心得♪ 妊娠初期が奇形の要注意時期?
妊娠初期の心得♪ 不安な薬の服用について