妊娠初期

出産と育児を助けてくれる制度

妊娠初期



妊娠初期の心得♪


妊娠初期の心得♪ 妊娠初期の心得♪ 妊娠初期の心得♪ 妊娠初期の心得♪
妊娠初期の心得♪
出産と育児を助けてくれる制度

出産ってとっても嬉しいんだけど、お金が心配!って思ってません? 産院に通うのだって、保険は基本的にきかないし…。 1回の診察で軽く5千円や1万円位飛んでっちゃいます(^^;

( ホント、産院の診察料って馬鹿にならないよ!それに付け加えて、出産やマタニティー、ベビー用品でヒーヒー言ってるのに…。 お金っていくらくらいかかるの? )

でもね、チョビットは国から援助金が出るんだよ! チョビットでも助かりますよ!

@出産育児一時金

健康保険に加入していて、保険料を納めているなら子供1人につき30万円が受け取れます。 双子なら60万円、3つ子なら90万円ですよ!

( 3つ子なら90万!ちょ、ちょっと大きすぎる金額にビックリです… )

専業主婦などで夫の扶養に入っている場合は、夫の健康保険から出産育児一時金が支給されます。

※勤務先の健康保険や自治体によっては国民健康保険でも30万円+αが給付される場合もあります。
※妊娠85日以上で資産や流産をした場合でも、出産育児一時金の支給対象になります。

出産前に役所で請求用の書類を受け取り、医師や助産師さんに必要事項を記入して提出です。 手続きには2週間から2ヶ月ほどかかり、現金で渡されるケースや指定の口座に振り込まれます。 提出し忘れても安心です。出産してから2年以内は請求できますが、2年と1日でも過ぎたらもらえないので、 出産と同時に行う事をお勧めしますね!

A医療費控除

1年間に医療費がたくさんかかった場合、少し税金を戻してくれる制度が医療費控除。

( えっ!税金?戻ってくるならありがたいです(^^; )

えーっと、目安は1年間に支払った医療費の合計が10万円以上かかった場合。 確定申告をすることで税金が戻ってくる可能性がありますよ!

( んー???ちょっと分かり易く例とかないの? )

はい。分かり易く例を挙げて説明しますね!

例 1年間(1月1日〜12月31日)で家族の全医療費が45万円だったとします。

出産育児一時金が30万円だから

45万円−30万円=15万円

足切り額10万円を引きます。

15万円−10万円=5万円

税率10%の人(所得が330万円以下)として戻ってくるお金は

5万円×10%=5千円

微々たるもんですが、ゼロよりはマシです(^^;

※出産育児一時金や生命保険などで入ってきたお金と差し引きしたマイナス分
※足切り金額は10万円
※医療費は交通費やお薬代なども入りますよ!
※医療費は家族がかかった医療費の全額です。

B児童手当金

なにかとお金がかかる育児。 年金制度から支給されるのが児童手当金だよ!

( へぇー、私、まだ老人じゃないけどもらえるの? )

はい。もちろん、もらえますよ! 第1子、2子は月5千円。第3子は月1万円です。 年3回で4ヵ月分まとめてもらえます。

手当てが支給されるのは小学校に入るまでです。 結構長くもらえるのでありがたい限り(^^;

対象者は基本的には何らかの年金を支払っている事。 未成年者の場合は除きます。

これは、手続きを忘れたからといってさかのぼって請求できない為、 出産と同時に手続きを行った方がいいと思いますよ!

C乳幼児の医療費助成

赤ちゃんって産まれてから、いろいろな病気にかかるもの。 まともに診察代を支払っていたら、お金が飛んでいっちゃいます(^^;

そこで助けてくれるのが乳幼児の医療費助成制度 赤ちゃんが健康保険に加入していることが条件。 自治体によって条件が異なっていて、 医療費の全額無料や一部無料など様々。

保険証に子供の名前が載ったら早速助成の手続きを行いましょうね!

D出産手当金

働くママさんの為の制度。 産前・産後休業をとる場合、給料の代わりに援助してくれる制度。 基本的には会社員・公務員を産後も続けようと考えるママの為の制度ですが、 会社を辞めるママでももらえるケースがあるのでチェックしてから退社しましょうね!

E育児休業給付金

こちらも働くママさんの為の制度。 1歳未満の赤ちゃんを育てる働くママさんの生活を支援する仕組みで、 2種類あるみたい。

1つは休業中の生活費援助としてもらえる「育児休業基本給付金」。 2つめは職場復帰後、6ヶ月経った時点でもらえる 「育児休業者職場復帰給付金」です。 ”職場復帰おめでとー”って意味なんだよね(^^;

まとめ

結構、未来のママさんを支援する制度ってあるものでしょ! こういった制度、どんどん作って欲しいものです(^^;

ミーママが一番思っているのは、 産院に通ったのも健康保険の対象にしてもらえたらなー って。 でも、駄目なんだよねー(^^;

とにかく、1つでもこういった制度を利用して、 少しでも生活の足しにしていくってのが基本かな。 対象者の条件など調べて、もらえるものはこの際、どんなものでももらっちゃいましょうね!